« 99% | トップページ | まっくろぶっく »

2006年5月13日 (土)

moho

かなり以前に購入していたのですが、ほとんど使用していなかった moho を久々にさわりはじめました。
 Lost MARBLE
この、かなり強烈なマスコット?キャラ(^_^;;のソフトは何のソフトかというとアニメーション作成ソフト。

あまりに強烈なキャラのせいなのか、日本語版が無いからなのか、価格の割にかなりの高性能なのに日本語の情報がほとんど見当たらず(発見出来ないだけか?)。
不思議です。
まず、目立つ機能は2Dにボーンを組んでアニメーション出来るってことでしょうか?しかもボーンでダイナミクスを計算できちゃうっていう!
 boneTest_1.mov
骨はこんな具合に組んでみました。頭のテッペンにはダイナミクスを設定して「ぴろろ〜ん」な反動は自動でしてくれてます。

Bonetest_1

いや〜、やっぱすごいソフトだよなぁ。
しばらくさわり続けることになりそうです。

 

|

« 99% | トップページ | まっくろぶっく »

コメント

初めまして
Mohoの日本語サイト、本当にありませんね…
私もつい最近、雑誌のバックナンバーでこのソフトを知り、いざ触りだしたら英語のチュートリアルで参ってます。エキサイト翻訳をかけても正直訳が分からず、先に進めず困っています。
このソフト、海外ではけっこう使われてますよね。
YouTubeでMohoで検索するとなかなかの作品がヒットする事がよくあります。
操作方法、日本語で動画で解説してるとこか、教本ないのでしょうかねえ・・・?

投稿: 北斗 | 2007年9月26日 (水) 17時45分

北斗さん、ども。
チュートリアルは英語が原因というより、その操作自体の難しさ(不思議さ)が原因でわかりづらかった気がします。
気力と時間があればわかる範囲で解説とかやってもいいんですが、そもそも、Mohoがもう終わってるし。(^_^;;
ANIME STUDIOって日本から購入出来るんですかね?イーフロ日本では扱う気配ないし。

投稿: Yasuka | 2007年9月26日 (水) 22時18分

ANIME STUDIOのことですが、中身、チュートリアル共Mohoのときのまんまだ、と私は感じました。
もっともpro版は3次元的な表現の強化など、プラスされてる部分があるようですが。
あまり詳しくはわかりませんが、スクリプトを新たにインストールすることによって機能強化もできるようです。

投稿: 北斗 | 2007年9月27日 (木) 19時08分

>ANIME STUDIOって日本から購入出来るんですかね?

http://www.contentparadise.com/jp/user/anime_studio_5_pro_full_version_product_21990
こちらから購入可能です。
イー風呂日本にも問い合わせてみたのですが
日本語版の予定は未定だそうです。
anime studio2とかいうまったく別製品が流行ってるし、Moho自体の国内ユーザーがあまり居ないようだからやる気ないんでしょうかね・・?

投稿: 北斗 | 2007年9月28日 (金) 10時39分

おぉ、こんなところに!以前探した時は発見出来なかったんですが。一応説明が日本語になってる!(^_^;;
Toon Boom Studioも流行らなかったですからねぇ…。みんなFlashに行ってしまったのかもしれませんね。
やっぱり、ソフトより作品自体が話題にならないとだめなんじゃないですかね。
しかし、mohoとほぼ同じで数万円は考えちゃうな〜。

投稿: Yasuka | 2007年9月29日 (土) 02時43分

mohoはver.5.4がロストマーブル社での最終版となり、
現在はイーフロンティアアメリカが買収して
『Anime studio pro5』として販売されています。
http://www.altech-ads.com/product/10001204.htm
このサイトから、WIN版Moho5.4無料体験版がDLできます。
従来と同じく、IDを購入することでカラーで出力可となります。

http://www.contentparadise.com/jp/user/anime_studio_5_pro_full_version
_product_21990

http://www.e-frontier.com/article/articleview/1913/1/793?sbss=793
こちらがanime studio5の30日フリートライアル版です。

anime studio pro5の中身は、moho5.4とほぼ変わらない印象を持ちました。

このver5.4では、swf出力の高圧縮化と軽量化が計られています。

海外ではなかなかのシェアがあり、アニメ制作会社でも使用されているようです。
英語ですが解説書も販売されてるようです。

しかし今覚えるならFLASHあるいは3DCGのほうがいいのでしょうか?
このmohoも覚えればなかなかおもしろい作品ができると思ったのですが・・

YasukaさんはどうやってMohoの操作を覚えたのですか?

投稿: | 2007年10月15日 (月) 00時03分

え〜っと…ここにきてmoho流行!?(^_^;
実は、購入してしまいました、Anime Studio Pro。まじで、ほぼ Moho ですね。
Mohoを覚えたといえるほど覚えているかは疑問ですが(ほとんど使いこなしてないぞっと)、とりあえず、やるべきことはチュートリアルだと思います。
純粋なアニメーション制作ならFlashよりはMoho(Anime Studio)だと思いますが、書籍・情報云々の話になるとFlashですかねぇ…。
3DCGでも最近はトゥーンレンダリングなんかが比較的優秀なんでいろいろ世界は広いと思いますが、2Dな表現が主のアニメなら3Dは覚える事が多すぎるとは思います。
結局、3DCGのいいとこをほどよく取り込んでいるので、流行っているんだと思います(あちらでは)。

投稿: Yasuka | 2007年10月16日 (火) 02時13分

Yasukaさん、購入されましたか!
僕はMoho5.4購入、そしてASpro体験版使用中・・・。もうすぐ30日になってしまいます^^;
チュートリアルを翻訳サイトにコピペしながら読んでいますが、やっぱりちょっと不便ですね。パソコン上にあるチュートリアルのページを直接、翻訳サイトに持って行けたらいいのに。そうすれば図やイラストついたまま翻訳出来て楽なのにな、とつくづく思います。

参考になりそうなサイトです。
http://blog.goo.ne.jp/vecgra
おえかき探訪vecgra様 2006から動きがないです…

http://users.monash.edu.au/
~myless/catnap/index.html

Catnap Studio様 英語ですし、操作がわかっている人中級?向けですね。まだここまで行けないデス ぐぬぬ…

投稿: 北斗 | 2007年10月17日 (水) 10時20分

北斗さんのワナにはまりました。(^_^;;
おいしい情報どうもです。(^_^;;;
せっかくの「Pro」なので、とりあえずそっちの機能を探る事から始めようと思ってます(オィオィ、基本が大事だろ、基本が)。
うまいこといったら報告でもする予定です。

投稿: Yasuka | 2007年10月18日 (木) 00時07分

うーん。Mohoで線を描くとどうして勝手にポイントの位置がずれるのだろふ?
きれいな絵にならないんですよねえ・・・
勝手にポイントが溶接されちゃうし。
まだチュートリアル、和訳1/4くらいだし。

ところで、YasukaさんのboneTest_1.mov、
絵はイラストレーターから入れたんでしょうか?真似した物を作ろうとしたんですが
絵を描く時点から思うようにいかんです・・

そして、頭のテッペンのダイナミクスの付け方って、どうやるのですか?

投稿: 北斗 | 2007年10月28日 (日) 13時52分

和訳1/4ですか、ぜひ公開を!(イーフロの許可必要なんですかね?)
さて、絵はAS上で描いてます。ワイヤーとポイントの画像を投稿しておきました。今はこれで勘弁して下さい〜。(^_^;;
ダイナミクスは、Bone Constraints のところの Bone dynamics のチェックを入れると3ヶ所数値を設定出来る様になります。

投稿: Yasuka | 2007年10月31日 (水) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/16261/1779460

この記事へのトラックバック一覧です: moho:

« 99% | トップページ | まっくろぶっく »